記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シーズン14使用構築】ダブル腹太鼓ガブガル【最高2032最終2010】






終期になってもレートがなかなか上がらず、いくつか構築を試していた中で一番よかった構築です。
ぼんやりと案はあったものの、実際に組んだのは最終日の4日前でした。
2200以上が大量に出た今シーズンで最高2032、最終2010と全く大したことのない結果ですが、これは最終日にだんだんやる気が無くなってやめてしまったからで続けていればもっと行けたと思います。途中で14連勝したこともあったので、弱いことはないはずです(多分)。最終順位は398位。


前シーズンの最高を超えるどころか2050すらいっていないので今回は短めに。




★ガブリアス@鉢巻き 意地っ張り 鮫肌
189-200-116-*-131-123
逆鱗 地震 エッジ 炎牙
・178バシャーモの珠めざ氷高乱数耐え
・準速70族抜き

普通のAD鉢巻きガブリアス。ボルトロスに安心して突っ張りたかった他、生半可な特殊弱点を耐えて返り討ちにしたかったのでADだがASでもよかったかもしれない。


★ガルーラ@ナイト 意地っ張り 肝っ玉→親子愛
191-156-127-*-100-110
191-189-147-*-120-120
秘密 炎のパンチ けたぐり 不意打ち
・177メガガルーラの猫+捨て身高乱数耐え(急所非考慮)
・182ガブリアスの逆鱗高乱数2耐え
・ASガブリアスへの秘密不意打ち、HBナットレイへの炎のパンチの乱数が変わるA
・181-121メガガルーラをけたぐりで高乱数1発

秘密・AB共に初めて使ったガルーラだったが、秘密の便利さ、高い物理耐久の気持ち悪さがよく分かった。
マリルリと共にナットレイを呼ぶので炎のパンチにしたが、ゲンガーへの打点として噛み砕くも欲しかったのでここは選択だと思う。
レートに潜っている最中に後述のヒヒダルマと合わせてガブリアスを縛れそうなことに気付いたので、耐久の高さに物を言わせて強引に後出ししたりもした。


★化身ボルトロス@ゴツメ 臆病 悪戯心
179-*-121-145-102-147 ※H23
ボルチェン めざ氷 草結び 電磁波
・182ガブリアスの鉢巻き逆鱗高乱数耐え
・H6n-1
・最速81族抜き
普通のHBボルトロス。臆病個体しか持っていないので臆病だが、耐久はこれで十分だと感じたし、マンムーを抜いている安心感の方が大きかった。
出てきた地面以外のボルトロス受けにボルチェンし、ガルーラやヒヒダルマを繰り出して負担を掛けてもらう。
草結びはカバルドン・マンムーへの打点と、ブルンゲルやスイクンに居座って連打する。
ゴツメは猫騙しやブレバ等を受けて裏の圏内に入れる為。秘密ガルーラでもこちらはマヒせず相手には入れることができる。


★ゲンガー@ナイト 臆病 浮遊→影踏み
165-*-81-152-96-178
165-*-101-192-116-200
シャドボ ヘド爆 トリル 道連れ

他の方の記事を参考にしたトリル道連れメガゲンガー。使ってみたかったのでADガブと一緒に採用したが、ほとんど出さなかったので型を変えるべきだと思う。


★ヒヒダルマ@珠 陽気 力ずく
181-192-76-*-78-158
フレドラ 地震 アンコール 腹太鼓

今回の構築で一番目立つ(と思われる)ポケモン。一般的にここの炎枠にはバシャーモ・ファイアロー・ウルガモス辺りが採用されるが、BWの頃から好きで使ってみたかったので試験的に採用。
HBポリゴン2ですら超高乱数2発にする火力があるので、等倍で受けることは不可能。具体的には182ガブリアスの鉢巻き逆鱗が確定で飛ぶ程の火力。
他にもマリルリやガブリアスといった並耐久の半減ならば余裕で確定2発にする火力がある。
クレセドランに役割を持たせたいのでサブウェポンには地震を選択、削れたギルガルドとの不毛なキンシ択も回避できる。
残りは不意打ちを透かしたり起点作成が可能なアンコール、受け潰しの腹太鼓。
ナットレイや受けループのラッキー等との対面で流しながら太鼓することで容易にサイクルを破壊することができる。
+6珠フレドラで201-242メガヤドランが中乱数となり、砂ダメが1回入るだけで落ちる。
また、HBスイクン程度なら地震で落ち、H振り程度の威嚇込みメガボーマンダも落ちる。
意地っ張りであればメガヤドランが砂なしでも超高乱数になったりするが、準速メガガルーラや準速通常ボーマンダ等を抜いておきたかったので陽気。


★マリルリ@オボン 意地っ張り 力持ち
176-112-123-*-101-79
アクジェ じゃれつく 腹太鼓 守る
・H2n
・無振り60族抜かれ

バシャーモに睨みを利かせるABベースのマリルリ。以前はもう少しSを高めていたが、活きた場面がなかったのでゲンガーのトリルとの相性も考えてSを下げBを上げた。
持ち物と技は耐久底上げ目的及び腹太鼓と相性がいいオボン、アクジェじゃれ太鼓までは確定とし、最後に守るを採用。
これは太鼓したマリルリのストッパーをガルーラの猫騙しに依存しているPTが多いと感じたのでそれを防ぐ為で、他にも雨や晴れ、トリルのターン稼ぎなどにも役立った。
ナットレイはガルーラやヒヒダルマ、ガブリアスに潰してもらう。
PTで唯一メインウェポンが不安定な為か、外しが目立った。






基本的に選出はガブリアス・ガルーラを軸に考える。
残りはボーマンダ入りにはボルトロス、クレセドランにはヒヒダルマ、対面などマリルリの通りがよければマリルリ、等で決定。
受けループにのみボルトロスヒヒダルママリルリというメガなし選出もする。



やる気の問題で結果が奮わなかったのはよくないので、ゲンガーの型を考えつつシーズン15ももう少し使いたいと思います。


何かあれば@kingleotardまで
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。