記事一覧

メガオニゴーリ2000




メガオニゴーリって楽しい!
以下解説です。




★クレッフィ@ゴツメ 図太い 悪戯心
164-*-157-*-108-95
イカサマ 電磁波 電磁浮遊 リフレクター

特殊炎技のないガルーラ、ゴツメ以外のガブリアス・ランドロス(重力は土下座)等を相手してもらう。
ゲッコウガやゲンガー等の高速連中にも悪戯心電磁波を撒けるのでなかなか使いやすいゴツメ持ちだと思った。
相手のクレッフィ・ボルトロス(特に悪巧み)に滅法弱いのが難点。
技はこの4つで良いと思う。



★オニゴーリ@ナイト 陽気 ムラッケ→フリーズスキン
155-132-100-*-101-145
155-172-100-*-101-167
恩返し 地震 守る 大爆発

この構築の主役。
電磁波や挑発を撃ってくるボルトロスやジャローダを倒し、後出しされるメガ前ゲンガーを倒し、ホイホイ出てくるヒードランを倒し、ガルーラやルカリオやバシャーモを道連れにする。
以下は火力の目安。

・恩返し(200逆鱗>172スキン恩返し>182逆鱗)
198-116マルスケカイリュー、184-132ボルトロス1発
147-88ゲッコウガ1発(等倍時)
・大爆発(≒233メガバシャーモの剣舞フレドラ)
191-111輝石ポリゴン2、145-109メガルカリオ最低乱数以外1発

カバルドン系の構築に対して非常によく刺さり、通常オニゴーリの身代わり警戒から欠伸をされることがないので、基本的に2回以上の行動を許さない。ステロを撒かれたくない時は大爆発してしまえばよい。
性格はメガ前にヒードランを抜けないのは論外なので陽気または無邪気一択だと思っている。
技はこれ以外に礫、フリドラ、怒りの前歯辺りが挙げられるが、どれも切れないので難しい。
どうしようも無くなったらメガらず守って祈ろう。



★ガブリアス@鉢巻き 陽気 鮫肌
183-182-116-*-105-169
逆鱗 地震 エッジ 炎牙

特筆することのない普通の鉢巻きガブリアス。
ボーマンダやガルーラ、リザードンを考慮して陽気。
スカーフにしたい時もあったが、鉢巻きのおかげで勝てた試合が多かったのでこれでよかったと思う。
技は逆鱗地震以外ほとんど撃たなかったので何でもよいが、範囲とハッサム・ナットレイを意識してエッジ牙。
拘り寝言は死ぬほど嫌いなのであり得ない。



★ガルーラ@ナイト 意地っ張り 肝っ玉→親子愛
203-161-102-*-103-116
203-194-122-*-123-126
捨て身 炎パン グロパン 不意打ち

HAベースで適当に配分。最後に入ってきた枠。
対受けループでは無類の強さを発揮したが、それ以外ではあまり選出も活躍もしなかった。
技はHAガルーラのテンプレ3つに、鋼意識で炎のパンチを選択。
この枠はいまいちしっくり来ておらず、相手の格闘が重い原因になっているので炎打点という意味でもバシャーモの方がよかったかもしれない。

★ボルトロス@オボン 臆病 悪戯心
180-*-121-146-100-147(23-*-30-31-31-31)
10万 めざ氷 悪巧み 電磁波

ここまでスイクンがかなり重いため、メタと見せ合いでの残飯オニゴーリの警戒を強めさせる意味も兼ねてボルトロスを採用。
ファイアローに投げたかったのでほぼHB。
性格が臆病なのは単に図太い個体を持っていなかったからだが、大半のボルトロスに先手を取れ、カイリューやギャラドス対面で安心感があったのでよかったと思う。耐久の不足を感じたこともなかった。
技は説明不要の3つと自身がエースになれる悪巧みに決定。

★キノガッサ@襷 陽気 テクニシャン
135-182-101-*-80-134
タネガン マッパ 馬鹿力 岩石

スイクンに対する圧力がもう1枚欲しく、リザードンやウルガモスと戦える駒が欲しかったので襷キノガッサを採用。
性格は岩石を当てた後のメガゲンガー、低速のガルーラを抜ける陽気が好みなので陽気。
技は定番の3つと胞子ではなく馬鹿力を入れた。
バシャーモやナットレイを大きく削れるのでかなり使い勝手がよかった。
胞子が無くて困った場面はほぼなく、馬鹿力でよかったと思う方が圧倒的に多かった。
この枠はロトム等が若干面倒になるが

BSベースゲッコウガ@ラム
冷ビ 草結び 岩石 けたぐり

でもよいかもしれない。






【おまけ】
256-134-122 R1649



429-235-194 R2016

オニゴーリ選出 119/173 72-45 相手エラー、鯖メンテ各1
ガルーラ選出   52/173 26-25 相手見せ合いエラー1

旅パでの負け1、メガなし選出2
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント