記事一覧

アローラフレンドリー使用構築【最高・最終1762/64位】




1/27~1/30に開催されていたアローラフレンドリーで使用した構築です。
エントリーも考察も開始数日前から始めて、時間がなく、

・メガシンカ禁止
・アローラ図鑑のポケモンのみ(島スキャン禁止)

以外はシーズン1のシングルレートと同じなので、シーズン1の構築をベースに考えました。
上に電気2体を並べたら役割集中するかのように見えるかな~程度の配置。


以下配分構成と解説


【配分と構成】

★デンジュモク@シュカ 控えめ ビーストブースト
159-*-121-214-92-135
10万ボルト 目覚めるパワー氷 エナジーボール 蛍火

★ゴローニャ@電気玉 陽気 頑丈
187-144-151-*-86-102
地震 投げつける 吠える ステルスロック

★ガブリアス@地面Z 意地っ張り 鮫肌
185-190-116-*-118-149
地震 ストーンエッジ 毒突き 剣の舞

★ゲンガー@拘りスカーフ 臆病 呪われボディ
135-*-75-182-96-178 ※非理想個体
シャドーボール ヘドロ爆弾 目覚めるパワー氷 滅びの歌

★カプ・テテフ@カプZ 控えめ サイコメイカー
167-*-96-176-136-147
サイコキネシス 10万ボルト 自然の怒り 挑発

★パルシェン@気合の襷 陽気 スキルリンク
125-147-201-*-65-134
氷柱針 ロックブラスト 氷の礫 殻を破る


【解説】


★デンジュモク
・めざ氷で183-106ガブリアス確定
・182ガブの鉢巻き地震+天候ダメ高乱数耐え
・200ガブの鉢巻き地震中乱数耐え
・156ミミッキュのじゃれつく2回、無限暗夜+影撃ち耐え

シーズン1で使っていたデンジュモクの身代わりを蛍火に変えただけ。
これにより受け系のポケモンや構築を強引に突破できる。
ガブカグヤ等を起点にブーストして崩していくのが基本的な動き。
エナボはトリトドンやランターン等に撃てる他、削れたレヒレ+裏にガブのような場合に一貫したりする。
草結びはマンムーがいないので不採用。


★ゴローニャ
・161パルシェンの+2氷柱針耐え
・156ミミッキュの+2じゃれつく影撃ち耐え
・麻痺した準速フェローチェ抜き、4振り80族抜き

自慢のステロ要員。
シーズン1ではマンムーが入っていた枠。
パルシェンやミミッキュが沢山いることは容易に想像できたので、いいステロ撒きがいないか探していた時に思い付いてしまったポケモン。
前述の2体やフェローチェ等の高速ポケモンの襷や化けの皮を潰しながらSを奪うことで裏のポケモンを動きやすくし、ステロを撒いて火力補強をする。
岩石では大して抜ける相手がいない。
吠えるはイーブイバトンや壁ターン稼ぎにも有効。
1ウェポンにはコケコやジバコイルを削れ、命中安定で非接触の地震を採用。
基本的には投げつけるから入りステロを撒くが、相手によっては吠えるや地震を選択する(例:ミミッキュに投げつける→地震で襷潰し+裏の圏内に入れる等)。
マンムーと違い挑発が通ってしまうので、挑発を貰いそうな時は2回目のステロでターン稼ぎをしたりも。


★ガブリアス
・200ジバコイルのめざ氷耐え
・DL対策
・準速ミミッキュ、最速デンジュモク抜き
・余りA

最後に入ってきた枠。
当初はカイリューを入れようと思っていたが、ポリ2がやや重めなので強引な崩しを行えるガブリアスにした。
その為持ち物は地面Zに決定、竜Zはフェアリーの多い環境で微妙に感じたので不採用。
それに伴い逆鱗も切って範囲を広げようと思い、地震剣舞と相性補完にエッジを採用し、最後は炎の牙にしようと思ったが、構築全体でブルルが重めだったので毒突きに決定。チラッと聞いたブルルドヒドイデにも刺さる。
Sと耐久を確保して余りをAに、これでもステロ+剣舞Z地震で191-156輝石ポリ2に188~入る。
割と適当に採用してしまったのでもっと適切なポケモンがいたと思う。


★ゲンガー

シーズン1と全く同じ、今回はそこそこ活躍した。
滅びはイーブイバトンやオニゴーリに使える。


★カプ・テテフ
・176サイキネ+214エナボで167-101ガラガラ確定
・177-101オニゴーリに133~
・182ゲンガーのヘド爆耐え程度

シーズン1のややピンポイント過ぎた格闘Zから汎用的な削りができるカプZに変更。
この構成なら臆病の方がよかったが個体を持っていないので控えめ。
HBに厚い配分にしようかと思ったが、上からガーディアンデアローラを撃てる範囲を広げるHSベース。
Cに少し回して裏と連携が取れるようにした。
10万は範囲を重視して、挑発は襷を盾に破ろうとしてくるパルシェン、バトンやトリル展開の阻害、対ナマコブシ等色々と便利な技。


★パルシェン

テテフパルの並び、対オニゴーリ・ミミッキュ等単純ながら非常に強力なポケモン。
サイコフィールド下の陽気スカガブや、意地っ張りS+2パルシェンを抜けるような不意のスカーフに怯えない陽気で採用。
採用理由から氷柱針とロクブラと殻を破るは確定、ロクブラはミラーやグソクムシャなんかにも撃てる。
最後は鋼に撃てるシェルブレにしようかと思ったが、ここまで先制技持ちがいなかったので礫。



【戦績】
1日目11-4
2日目10-5
3日目12-3

合計33-12 最高・最終共に1762 64位





前回参加したジョウトオープンでは残念な結果に終わりましたが、今回はそれなりに結果を出せてよかったです。
構築の理解度や考察の不十分さが出て、1・2日目に負けが多かったのが反省点。


何かあれば@kingleotardへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント